「ふたりが主役」それが本当の結婚式だと思う

ゲストとの距離感を感じる

大掛かりな結婚式は親族や仕事関係の人や友人や多くの人に祝福されるので嬉しい反面、主役の新郎新婦とゲストとの距離が遠く感じてしまいませんか?身近な人たちだけでアットホームな結婚式をあげるカップルが増えているそうです。自分たちで手作りする結婚式はもちろん、今は結婚式場でも少人数のプランがあります。我が家でおもてなしするように一軒家やゲストハウスで、またはレストランやホテルのワンフロアを貸し切ってアットホームながらも美味しい料理とゴージャスな雰囲気の中での結婚式もステキですね。

「ありがとう」と「おめでとう」

会場を貸し切る場合は、エントランスから会場まで自分たちらしく飾り付けることが出来るのが少人数の結婚式の魅力ですね。ひとりひとりのゲストへ感謝の気持ちを込めたメッセージを添えたり、会場に飾るお花などの装飾や演出もこだわることができます。ゲストと言葉を交わす歓談の時間があるとゲスト同士もうちとけて、新郎新婦の「来てくれてありがとう」という感謝の気持ちとゲストの「おめでとう」という気持ちが会場いっぱいにあふれてきます。

ふたりらしさがキーワード

結婚式にはある程度のスタイルがありますが、アットホームな結婚式ではオリジナルの結婚式にすることが可能です。またゲストハウスなどを貸し切っての結婚式は、子供連れの方や年配の方も気を使わずに式に参加できることも魅力です。周りや時間を気にすることもなく、主役である新郎新婦の「ふたりらしさ」を演出して、ゲストも一緒に全員が笑顔で楽しくお祝いできるのは少人数ならではないでしょうか?心に残る結婚式になりますね。

少人数での結婚式は自然と祝福に包まれています。したがって私たちは圧倒的な非日常感を味わうことができます。